2020年06月15日 17:41

今年の夏は本当に何もない夏になりそうですが、
自然と戯れる分には問題無いだろうと言うことで、
晴天の初夏を満喫して来ました。

地図

まずは、青森市から新緑の八甲田経由で、
十和田市街地方面へ向かう途中にある「鯉艸郷(りそうきょう)」
1歳か2歳の頃に家族で一度来たことはあるようだが全く記憶に無し。
ずっと気になってたし、ン十年ぶりで再訪…と言って良いのか?w

りそう郷

花-1

花-2

花-3

蕎麦屋

広い敷地内に、季節ごとに色々な花が咲き乱れており、
6月上旬はルピナス祭りが絶好調開催中。
雰囲気のある水車小屋や、藁ぶき屋根の蕎麦屋などもあり、
いるだけで癒される素晴らしい空間。
(蕎麦屋の写真のみ、公式HPより拝借しました)

うさちゃん

うさちゃんもいたよ~
小学校の中庭にいたうさぎ以来で触った気がする。

焼山荘

温泉入口

露天

十和田湖方面に向かう途中にある、奥入瀬渓流温泉。
どこの温泉に入るかは行き当たりばったりな感もあったけど、
クーポンもあったので、こちらにお邪魔することに。
この日は宿泊はお休みでしたが、立ち寄りのみはOKと言うことで、
他に客はおらず、ご主人のご厚意で露天のある方に入れて貰えました。
優しいタイプの微硫黄泉と言ったところで、湯の花は満開。
谷地温泉を更にマイルドにしたような印象で、居心地は抜群。
内湯の写真も撮ったけど、不覚にもピンボケのため割愛しますw

阿修羅-2

全国的にも有名な奥入瀬渓流。
紅葉の季節が一番映えるとはよく言われるけど、
個人的には、初夏の新緑の季節も大好きです。

阿修羅-1

阿修羅の如く激しい流れ。
奥入瀬渓流を代表する人気スポットだが、
どうしてもキン肉マンに出て来る阿修羅マンを思い出してしまうw

銚子大滝

奥入瀬渓流のシンボル的存在とも言える、銚子大滝。
中学の時の遠足で、無理やり写生させられた時、
30秒くらいで描き終えたのは良い思い出。

今年の夏は、自然と戯れることに命を懸けることにしますw


2020年05月31日 19:48

大好きな5月にあまり出歩けなかったのは残念でしたが、
やっといくらかは落ち着いてきた感もあり、
自粛ムードだった温泉や外食も、今は万全を期しながら普通に行っています。
特にこれと言ったネタも無いので、
今回は、家から最も近い小柳温泉との思い出を語りますw

昔から銭湯や温泉は大好きで、幼稚園~小学校3、4年頃までは、
歩いて2分くらいのところにあった銭湯によく通っており、
普段は親父や弟や近所の友達と行くことが多かったのですが、
初めて一人で銭湯に行ったのは、小1か小2くらいだったはずで、
それはもう言葉では言い表せないくらいの大冒険でしたw
昔も今も、一人で来ている小学生はまず見ないので、
我ながら風呂好きっぷりに呆れるとともに、よくやっていたなと思います。

通っていた小学校の隣に突如として小柳温泉が建つこととなり、
小柳温泉ができてからは、もっぱらそっちに行くことが多くなりました。
毎週土曜日の夜に行くことがほとんどで、
当時の土曜日の夜と言えば、言わずと知れたテレビ黄金時代。
8時から加トちゃんケンちゃんごきげんテレビを見て、
それが終わった8時55分頃に家を出て、チャリンコで約5分。
9時から閉店の10時まで温泉を楽しむのが毎週土曜日の恒例でしたw

車に乗るようになって、他の温泉にも行きだすようになると、
小柳温泉に足を運ぶ機会はほとんど無くなってしまい、
それ以前に通っていた近所の銭湯に至っては、いつの間にか廃業しており、
たまには近所の温泉にも行かないとなぁ…と思っていた矢先、
小柳温泉でボイラー室が火事になる事故がありました。
2ヶ月後に無事に営業再開し、プレオープンで200円だったこともあり、
数年ぶりで足を運んだら、何とも言えない懐かしい気分に思わず感動。
これをきっかけに、回数券まで買うくらいの常連に戻りました。
当時の流れは今でも大事にしており、
小柳温泉は毎週土曜日のお楽しみになっていますw

小柳温泉 外観

脱衣所

足拭きマットは何故か某Gチームのバスタオル。
これなら遠慮なく踏んづけられるねw

鬼ジェット

強烈な電気風呂とジェットバス。
通称「鬼ジェット」w

水風呂

こじんまりとしたサウナと水風呂も完備。
当時は弟や友達と、どっちが長く入っていられるか勝負してましたw

小柳温泉 内湯

と言うわけで、今後ともよろしくお願いします!


2020年04月20日 01:20

緊急事態宣言が全国に拡大され、行動が制限されている方は多いと思います。
まだ騒ぎがそれほどでも無かった頃は、
コロナなんか怖くねーぜ!的な考えで軽く見ていたのが正直なところですが、
さすがに今は大好きな温泉も自粛ムードになりつつあります。

必然的に家で過ごす時間が多くなり、この機会を無駄にしないと思い立ち、
コロナが終息するまでを目標に、家中の整理をすることに決めました。
いや~、次から次へと懐かしいものが出て来るわ出て来るわ…
そこで今回は、以前からいつか整理しようと企んでいた、
ファミコンソフトが何本あるのか、数えてみましたw
また、数が多すぎてどんなソフトを所持しているのか全く把握しておらず、
意外なソフトの発見もあったりして、楽しみながらやりましたw

任天堂

まずは、ファミコンと言えば任天堂
初期のソフトはほとんどありました。
この中で一番得意なのは算数遊びの対戦モードで、
多分、今まで負けたことはないはずw

ナムコ

ソフトの数ならナムコが一番。
みんなで遊べるゲームが多いのも特徴。
ファミスタシリーズは、93までは毎年欠かさず買っていて、
94だけは友達から譲り受けたので、ケースが無い。

コナミ

名作揃いのコナミ
曲のクオリティの高さは、全てのメーカーでも1、2を争うはず。
擦り連射で爪が剥げるまでやったハイパーオリンピック。
横スクロールシューティングの王道と言えばグラディウス。

ハドソン

高橋名人と言えばハドソン
個人的にも大好きなメーカーで、ここも名作名曲揃い。
桃太郎伝説から桃太郎電鉄が生まれたことは意外と知られていないかも。
中学生の頃、ハドソンで働きたいと言っていたT君、元気かなぁ…

名作1

ドラクエ、FF、くにお君シリーズ。
ドラクエ3~4辺りは今でもかなり詳しい自信はあるw
どれも思い入れは深いけど、特に熱かったのは熱血行進曲。
これのバトルロイヤルだけで余裕で徹夜できたw

名作2

その他名作(?)
ロックマンシリーズは、アクションゲームの中では一番やり込んでいるはず。
いたスト、カプセル戦記辺りも今やっても負ける気はしないw

さて、一体全部で何本あるのか?
10年くらい前のゲオの在庫処分セールの時に、
1本50~100円くらいで大量に大人買いしたイメージが強く、
各方面では500本くらいあると豪語していましたが、
実際に数えてみると…315本と意外と少ない結果w
スーファミやPCエンジンなども足すと、500は余裕で超えるので、
ファミコンだけでは盛りすぎでしたが、大体こんなもんってことで。
皆さんもこの機会に是非とも部屋を漁ってみてくださいw


2020年03月26日 02:45

シリーズと言うほど宿泊は行けていませんが、
久しぶりの宿泊で、いつもよりテンション高めでお送りします。
今回突撃したのは、大好きな東北町にある八甲ラヂウム温泉。
立ち寄りでは何度も足を運んだことはありますが、
数々の温泉ブログをいくら探してもここの宿泊記事は見当たらず、
誰も泊まらないのなら、俺がこの目で確かめてやる!ってことで、
謎のベールに包まれていたのが、今ここにやっと解放されますw

東北町 地図

看板

外観

まず目を惹くのが、今の時代ではありえない料金をアピールしている看板。
現在は200円値上がりして、1泊2食で4500円でやっているようで、
今回はここから更に朝食無しのプランで4000円でお世話になることに。
年季の入った外観で、今の時代にドライブインというのもポイント高い。
もちろん予約はしたものの、いざ突撃となると緊張は隠せず、
とりあえず、旅館の入り口から入るも誰もおらず、
ドライブインの方に行っても誰もおらず、さすがに不安になる。
温泉の受付にお婆ちゃんがいるのは知っていたので、
お婆ちゃんに宿泊の予約をしていた旨を伝えると、
笑顔で部屋に案内していただき、まずは一安心。

部屋

部屋は思った以上に広く、コタツもあるのも嬉しい。
早速、温泉に入ろうかとも思ったが、
ここはいつ来ても激混みで、駐車場もほぼ満車だったし、
温泉は宿泊者の特権で、夜中にじっくり楽しませて貰うことにする。

食堂

夕食

今回、最も楽しみ且つ不安だったものの1つが夕食で、
この低料金で、果たしてどんなものが出て来るのか…
食事はドライブインでいただくのだが、この雰囲気がまた抜群に良い。
そして肝心の夕食は、その辺の食堂のAセットと言った感じで、
温泉旅館の夕食でよくある鍋物や豪華な肉料理などは一切無し。
良くも悪くも値段相応と言ったところだが、
温泉旅館でいただくものは何を食べても旨いの法則通り、
特に絶品だったのが魚(きんきん?)の煮付けで、
普段、魚料理は寿司くらいしか食わない俺がちゃんと骨まで取って完食。
居心地も良く、他のおかずも全て美味しくいただきました!

温泉入口

浴場内

浴場内 別角度(トド寝)

立ち寄り入浴は10時までだが、
ちゃんと確認を取って、10時以降も入浴しても良いとのことで、
9時50分くらいに行ったら、計算通りに最後の客が出たところ。
ここからは俺だけの時間ということで、思う存分堪能させて貰うw
お湯の色は黒褐色で、ラヂウム温泉を売りにしているだけに、
非常に力強くガツンと来るタイプで、3分も入っていれば余裕でグロッキー。
まずは軽く貞子風に極上のお湯を満喫して、
普段は激混みでまず不可能なトド寝もやりたい放題!
トド寝推奨スポットを画像に表記しておいたので、参考までにw

お菓子

ミイラ

この後はいつも通り、お菓子を食いながらスーファミ。(持ち込み)
旅と言えば、プロ野球チップスとヤンヤンつけボーは欠かせない。
そして今回は長年の夢でもあった、鄙びた旅館で弟切草を決行!
(前回は不覚にもスーファミを忘れたのでw)
何故か週刊実話が山積みで置いてあったのは気になったが、
ミイラが出てくるシーンも無事に乗り越え、20年ぶりくらいでハッピーエンドw

特にトラブルも無く、非常に楽しい時間を過ごさせていただきましたが、
普通の温泉旅館を想像している人は、えっ!?と思うような部分は多いはずで、
まず、浴衣やタオルやアメニティの類は一切無し。
部屋に鍵は無いし、金庫も冷蔵庫も無し。
洗面所やトイレは共同で、ハンドソープは見当たらず。
浴場にはシャンプーも無いので、各自で準備する必要があります。
布団は山積みで置いてあるだけで、勝手に敷いて寝るパターン。
その他のサービスも一切無く、最初に部屋を案内して貰っただけで、
食事の時間を除いては、従業員と顔を合わせることすらありませんでしたw
個人的には、これくらいの方が気を遣わなくて良いですが、
その辺は割り切って宿泊する必要があるかと思います。
何よりこの低料金なので、飯食って温泉に入って寝れれば十分でしょうw
一般の人にはちょっと抵抗があるとは思いますが、
特に怖いことは無いので、機会があればまたお邪魔したいです。
1泊2日の短い旅でしたが、ありがとうございました!


2020年02月20日 17:07

明けましておめでとうございます!(2回目)
もう2月も終盤戦ですが、やっと今年の歌い初めに行ってきました。
シダックスの閉店から心機一転、最近は夜に行くことが多くなっていて、
相変わらずスタートダッシュが悪く、テンションもいまいち上がらん中、
深夜12時を回ると突然絶好調になる現象は一体何なのか?
これを「逆シンデレラ現象」と呼ぶことにします。

LUCIFER/SUGIZO
人気絶頂だったLUNASEAが、1997年に突然のソロ活動。
当時はLUNASEAの大ファンだった俺としては、これはかなりショックな出来事。
この頃から、世間ではV系ブームが始まっていくわけですが、
それに乗じたわけでは決してないけど、
他のバンドの曲も積極的に聴くきっかけとなった出来事でもあります。
正直なところ、本職でもあるボーカルのRYUICHI(河村隆一)のソロ曲は、
個人的にはあまり好きな感じではなかったのですが、
ギターのSUGIZOのこの曲は大好きで、確かオリコンでも上位まで行ったはず。
当時はレンタル屋でバイトをしていて、
店でもこの曲を流しまくってアピールしていた思い出がありますw

sweets parade/髏々宮カルタ(花澤香菜)
美味しそうなスイーツがたくさん出てくる夢のような曲。
7年前にもひっそり公開していましたが、
いつの間にか流れてしまったので、満を持して歌い直し。
普段はスイーツ売り場でニヤニヤしている挙動不審な奴だけど、
今回はクールにスイーツを貪り食っているイメージで歌いましたw
上の曲とは何の関係も無いので、念のため。


プロフィール

つるセコ

記事検索
読者登録
LINE読者登録QRコード
  • ライブドアブログ